スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵が曲がる手品の種明かし 

■手品の詳細

観客からカギを借ります。マジシャンは舞台から降りカギを借りて舞台に戻ります。
みんなに見えるように「このカギがよさそうです。よく見ていてください」と言う。

手にカギを入れ握ります。「きましたねぇ」そう言うと手を開きカギを親指で押さえます。
「ゆっくり曲がるところが見えます」そう言うと本当に少しづつカギは反っていきます。
みんなに見えるようにカギを持ち「こんなに曲がりました」と見せます。

■種明かし

カギを持っている人の中から、なるべく沢山カギのついている物を持っている人を選びます。
同じようなカギが2個以上ついているものがいいです。
舞台を降りカギを借り舞台に戻る瞬間、ズボンにつけてあったキーを
曲げる金物で素早く曲げます。

これは薄い筒状になった金属でカギが丁度入る大きさのものです。
そこにカギを半分ほど入れ、テコの原理を使い一瞬で曲げることができます。

舞台に戻ったら曲げたカギでなくもう1つのカギを見せます。
「このカギがよさそうです」と。手にカギを入れる時に先程曲げたカギにすり替えて握ります。
あとは手を開き親指でカバーしながら、指を動かすと本当に曲がっていくように見えます。


風船を飲み込む手品の種明かし
テレビでも放映されている有名マジックの種明かしです!

たばこがちぎれて元に戻る手品の種明かし
手品の基本といえる手品の種明かしです

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://magic77777.blog100.fc2.com/tb.php/41-f8c78ddb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。