スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンビシャスカードの種明かし 

■手品の詳細

テレビで、手品師が指をならすと、お客さんがサインしたカードが一番上に上ってくる手品を
見たことはありませんか??この手品の名前をアンビシャスカードと言います。

今回は、そのタネをご紹介したいと思います。
※高度な技術が必要です

■種明かし

まず、相手が52枚あるカードの中から1枚を選びます。
そして、サインを記入したトランプを真ん中に入れます。

しかし、指を鳴らすとすぐに上に上がってくるわけではありません。
必ず、相手がサインしたカードを真ん中に入れた後、シャフルします。
シャフルし終わった時点でサインしたカードが上から3番目に来るように致します。
この部分に、相当高度な技術を要します。

まず相手に一番下のカードを見せ、サインしたカードではない事を見せ、
上のカードを2枚目まで相手に見せ、サインしたカードがない事を確認させます。
(その時サインしたカードは上から3番目にあります。)

上2枚のカードを確認してもらって、元に戻したら、指を鳴らします。

指を鳴らすと、トランプの上から3枚目までを1枚のカードに見せかけ、すばやくめくります。

すると、サインしたカードが一番上に現れるはずです。
そして、一緒にめくった3枚のカードをもう一度すばやく元に戻し一番上のカードを
トランプの真ん中に入れます。
(このとき相手はサインしたカードを真ん中に入れたと思っています)

そして、再度指を鳴らします。
指を鳴らしましたら、今度は上2枚のカードをすばやく一緒にめくります。

すると、サインしたカードが一番上に現れるはずです。
そして、一緒にめくった2枚のカードをもう一度すばやく元に戻し一番上のカードを
トランプの真ん中に入れます。
(この時も相手はサインしたカードを真ん中に入れたと思っています)

現時点ではサインしたカードは一番上にあるのでそのまま指を鳴らせばいいのですが、
それでは面白くないので上のカードを先ほどのように1枚のカードのように見せかけて、
2枚一緒にめくります。当然サインしたカードでないものがでてきます。

「指を鳴らす前だとまだサインしたカードは上がってきません。」と言います。

再度2枚同時に元に戻した後、指を鳴らします。
当然上のカードはサインしたカードですので相手にめくってもらうのもいいかもしれません。

ここまでが1セットの演技になります。 1セットで3回の演技ができます。

そして、ここで人によってやり方は違うのですが、サインしたカードを再び上から3番目に
持ってくれば、再度3回の演技ができるのです。

これが、「アンビシャスカード」です。


相手の選ぶカードを予言する手品の種明かし
これであなたも予言者です

指を鳴らすと一番上に指定したカードが上がってくる手品の種明かし
一流マジックの種明かしです!

この記事へのコメント

コントロールのテクニックのバリエーションにより何回でも見せることが可能です。
シャッフルでトップから2枚目へ
2回演技した後ピンキーでボトムへ
次にインビジブルパスで再びトップへ
ティルトで繰り返し、チェンジなどで
相手の手の上でトップへ・・・etc,etcですね。

この手品たくさん練習したら出来るようになりました

結構難しいですね。

文字ばっかで、分かりにくいけど頑張って練習して、上手に出来るようになりたいですe-256

僕は上から2枚目にコントロールをして、二回目にティルトを使っていますw

自分はパスを使ってます

これでモテる!!

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://magic77777.blog100.fc2.com/tb.php/16-4c208d0b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。